日本刀

脇差/短刀

武蔵大掾藤原忠廣
musashidaijyotadahiro
種別(Shubetsu) 脇差(Wakizashi) 鑑定書(Certificate) 特別保存刀剣鑑定書(NBTHK TokubetsuHozon)
時代(Period) 江戸時代(Edo era) 国(Country) 肥前
銘文(Inscription) 武蔵大掾藤原忠廣 寛永九年二月吉日 登録(Registration)
寸法(Size) 刃長:30,3cm Blade length:30,3cm
反り:/cm  Sori:/cm
元幅:2,9cm Width at the hamachi:2,9cm
元重:8,0mm Kasane:8,0mm
先幅:2,4cm Wide at the Kissaki:2,4cm
先重:5.5mm Saki kasane:5.5mm
目釘穴:1 Mekugi:1
説明(Explain) 初代忠吉が武蔵大掾を受領した。
忠吉から忠広に改めたのが元和十年(1624年)
忠吉の銘を娘婿の土佐守に譲りながらも寛永九年(1632年)まで精力的に鍛刀を続けた。
※新刀 最上作  最上大業物
商品番号(Item No)
0218
価格(Price)
2,500,000円(JPY)