日本刀

脇差/短刀

信舎
nobuie
種別(Shubetsu) 脇差(Wakizashi) 鑑定書(Certificate) 保存刀剣鑑定書(NBTHK Hozon)
時代(Period) 江戸時代(Edo era) 国(Country) 信濃国(shinano)
銘文(Inscription) 信舎 登録(Registration)
寸法(Size) 刃長:41,5cm Blade length:41,5cm
反り:1,1cm  Sori:1,1cm
元幅:3,4cm Width at the hamachi:3,4cm
元重:4,0mm Kasane:4,0mm
先幅:2,9cm Wide at the Kissaki:2,9cm
先重:3.0mm Saki kasane:3.0mm
目釘穴:1 Mekugi:1
説明(Explain) 信舎の本国は美濃関で三阿弥派に属し初め兼舎と銘したという。
武田信玄に抱えられ関から甲州に移り、信玄公から「信」を賜り、兼舎から信舎と改銘したと伝えられ、慶長年間に常陸守を受領したという。
後に信州の飯田と諏訪に住し、晩年は奥州に移ったことが知らている。
商品番号(Item No)
0229
価格(Price)
550,000円(JPY)